<NZで被害者続出>オークランドの避けるべきヤバいフラット情報<フラット探しは慎重に>

<NZで被害者続出>オークランドの避けるべきヤバいフラット情報<フラット探しは慎重に>

広告

 

私の友達は留学エージェントで働いていて、私は過去に留学エージェントを何度かディスったことがありますが、それは今日は置いておいて、彼女はよく私に面白い話や変な噂を教えてくれます☆

 

その彼女から、やばいフラットオーナーの話を聞いたので、シェアさせてください。オークランドでフラットを探す人はこの情報をちょっと頭の片隅に入れておくといいのではないでしょうか?

オークランドのヤバいフラットオーナーたち

友達の留学エージェントだけでなく、他の友達伝いにも同じようにひどい経験談を聞くので、たぶんこの人達はクロです。 今回は2組の大家を紹介しますね! ちなみにどちらもNZ大嫌いNZ大〇き.comのフラットメイト募集掲示板の常連です♪

<シャワー室盗撮カメラ疑惑> 日本人のJさん<ボンドを返さない>

タイトルだけで結構オチがついていますが、この日本人のフラットオーナーの人は、例の掲示板の常連さんで、特に韓国人大家の物件を一人でいくつも紹介していて、なんちゃってエージェントっぽいことをしています。

それはいいんですけど、このJさんが紹介するフラットに住んだ人から、「なんだかんだ言い訳をしてボンドを返さない」という苦情がよく聞こえてくるらしいです。

ボンドというのは保証金のことで、たいていは家賃の2週間分くらいです。 ですが、壁に穴をあけるとか、そのレベルのダメージを家に与えない限りはそのフラットを出る時に全額返してもらえるんです。 ですが、この人の紹介するフラットでは、なぜか「壁にシミができてる(最初からなかったっけ?)」とか、そのレベルでボンドが返されなかったりします。 これは普通に違法です☆ あと、もっと恐いのが、住んでた女の子たちが隠しカメラのようなものをバスルームで見つけたことなんですよね。それも1人だけでなく、聞いてる限り5人くらい。 ちょっとヤバい。 例の掲示板のフラットメイト募集のところで、1人でいくつも投稿を出してる日本人の名前がJから始まったら、ぜひ警戒しましょうね☆

 

日本人を食い物にする日本人とスリランカ(又はパキスタン)人夫婦

次に紹介するのは、私の英語の先生も被害にあった、日本人とスリランカ人(?)の夫婦です☆ 日本人女性の名前はトモコさんといい、夫の方はモハンと言います。 実名出すのどうしようかと迷ったのですが、噂の域を超えて実際に被害に遭ってる人が多いので出しちゃいます(笑) だいたいテナントの人に教えてるこの名前が本名とも限らないですしね(笑)

 

この二人も例の掲示板の常連で、シティ内にアパートを2つと、シティの外に自宅があり、そこでも離れの部屋に2人くらい住ませているみたいです。

 

NZで家を賃貸に出すなら、ある程度までは住む人のことを考えて家電や家具などを用意する必要があります(最初から何にもないって宣伝してるなら、用意しなくてOKです。)。 それで、もしも家電などが住人のせいでなく、老朽化などで壊れた場合は家主が買い換えてあげるのが普通です。この二人は住人に買わせます(笑) この人達のフラットに入居したその日に洗濯機が壊れたので、いきなり使ったこともない洗濯機の修理費に100ドルくらい払わされた人がいます(笑)

そしてレントの支払いは必ず現金です(おそらく脱税しているから)。 大体3週間分くらいの前払いです。  私の英語の先生は以前この人達のフラットに住んでいました。ある日、職場の近くに引っ越すことが決まったので、彼は当時の法律にしたがって、2週間ノーティスを出しました。今は3週間前に申告するのが普通ですが、当時は2週間でした。なので、彼は「後2週間で家を出まーす。いま3週間分前払いしてるから、1週間分のレントを返してください。」と当たり前のことを言ったんですね。 なんと彼らは「ウチは銀行じゃないから、一度貰ったお金は返せない。従わないなら今すぐ出てってもらう。一銭も返さない。」ってマジで言ってたそうです。当たり前ですが、これは違法です。 引越の日にボンドだけ返してもらって、もう一度「1週間分のレントを返してほしい」と言ったら、「他より安い家賃にしてやっただろう? 文句言うなっ!」とその場で荷物をアパートのドアから外に投げられて、中から鍵を閉められたそうです(笑) 他にもこの人達のフラットに住んでいた人の話によると、何度か住人とのイザコザで警察を呼ばれたこともあるらしいです。

 

家賃は安めに設定されているのですが、1週間分多めに取られたり、使ってもいない家電の修理費や買い換え費を払わなくてはいけなくなるので、結局のところ余計にお金を使うことになります。 何人か例の掲示板に苦情をいれて、「この人達の広告を載せないでくれ」って頼んだのですが、例の掲示板の運営会社からは「5人くらいから苦情が来るまでは、個人の問題だと思うので関与しません。」という辛い返信だったそう。困ってる人達を助けてもお金にならないから仕方ないのでしょうか。

まとめ

(1) トモコさんとモハンという日本人女性とスリランカ又はパキスタン人の夫婦、そして (2) 日本人のJさん達は要注意人物です。これまで英語ができないせいで何人ものNZのワーホリ日本人が泣き寝入りしているそうです。 私の先生も当時はどうしていいか分からなかったので、そのまま泣き寝入りしたそうです。 今からでもリベンジすればいいと思うんですけど(笑)

今回紹介した人達は、日本人がどれだけ嫌なことがあっても、なぁなぁにしてしまうということを知っていて、それを利用しています。だから例の掲示板で日本人ばかり募集するんですね。 みなさんもこれからオークランドでフラットシェアをするつもりなら、注意しましょうね!

 

↓大家との間に問題があった場合に相談に乗ってもらえます(英語)

www.tenancy.govt.nz/about-tenancy-services/contact-us/

www.cab.org.nz/vat/hle/fb/Pages/Flattingissues.aspx

 

↓脱税してると思ったら通報を

www.ird.govt.nz/tax-crime/report/report-tax-evasion.html

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

広告

こんな人が書いています。

ナタリー
ナタリー
アラサーでNZにワーホリに来ました☆ 頑張って外国で生活してみます☆