海外送金 NZもオーストラリアも両方行くなら銀行はANZがいいかも

海外送金 NZもオーストラリアも両方行くなら銀行はANZがいいかも

 

サラーム☆ ダリ語でこんにちは!

私は以前、安く海外送金する方法について日記を書きましたが、実はNZとオーストラリア間では、ANZ銀行限定で海外送金が一律$10程度で済むというお得情報が出てきました。 もしもNZの後にオーストラリアでワーホリする予定がある(またはその逆パターン)なら、きっと銀行口座はANZがお得です☆

NZとAUS両方いくならANZ銀行だと二ヶ国間の送金が安い

銀行を使って海外送金をする場合、まず送金するのに手数料がかかり、その後受け取り側の銀行でも受け取り手数料を取られます。これがもしもNZのANZ銀行からオーストラリアのANZ銀行に送る場合、いちおう同じグループの銀行ということで、受取手数料は無料になります(2019年現在の話)。なので、ニュージーランド←☆→オーストラリア間の海外送金は一律で手数料$10程度で済みます☆ いっそ完全無料にしてほしいところですが、同じ名前でも別々の独立した企業なので、このあたりが落としどころでしょうか。

オーストラリアでワーホリしている人に聞いた話です。その人はNZワーホリ後にオーストラリアに行きまして、オーストラリアでANZ銀行の口座を開いてから、NZの口座からオーストラリアの口座に送金したら、たった$10で済み、しかも海外送金なのに翌日にはオーストラリアの口座に入金されていたらしいです。この辺はやはりグループ企業の強みでしょうか☆

ワーホリ後に口座は閉じるか閉じないか

ところで今日はワーホリを終えて日本に帰る友達を見送りに空港まで行きました。最近NZ天気悪いので、私も一緒に飛んでいきたかったです。

彼女は変える直前にバタバタと銀行口座からお金を全部引き出して口座を閉じてしまったのですが、私はそこでなんとなく疑問に思いました。

口座、そのまま持ってても別によくない?と

海外で銀行口座を開くハードルは年々高くなってきていて、現地に来ても観光ビザだけでは口座を開くのが難しい銀行が多いです。営業を頑張っているASB銀行なら、日本にいながらでも、大量の書類、身分証明、住所証明その他もろもろを提出し、さらに手続きに1ヶ月くらいかければ口座開設できたりするらしいですが、ワーホリビザでNZに来ている人ならパスポート見せるだけで1週間以内に簡単に口座開設が可能です。 簡単って言っても私がワーホリに来たばかりの当時は英語が今よりもずっとできなかったので、ものすごく苦労しましたけどね。

そうやって多少なりとも苦労して開けた口座を閉じてしまうのは、少しもったいなくないでしょうか?

オーストラリアでワーホリ後にNZに来た友人がいます。オーストラリア時代の知り合いから、時々単発で翻訳のお仕事を回してもらっているそうです。彼女はオーストラリアの口座は閉じないでNZに来たので、向こうの仕事の報酬はそのまま向こうの口座に振り込んでもらっています。ある程度たまったらNZに移しているとか。

海外の会社から仕事を貰う場合、現地の銀行口座があるとやっぱり有利ですよね。Transferwiseなどのサービスを使って海外送金が比較的安く、そして簡単にできるイイ世の中になりましたが、大きな会社がそういうサービスを使って簡単に海外の人に支払いを快くしてくれるかと言うと、ちょっと謎なんですよね…。会計処理的に少し面倒くさくなりそうなので。だから私はもしも日本や他の国に行くことになってもNZの口座はキープしようかなと考えています。これまでアフガン関係でごくたまーにNZの小さい会社とかにウェブサイトを作ったりしてきたので、将来的にもそういう仕事が貰えるかもしれないですしね(超希望的観測)☆

また開けようと思ったらすごく大変なんだし、条件によっては月間の手数料がゼロのタイプの口座もあるはずなので、別に開けたままにしておくデメリットが思い浮かばないですね。

ワーホリを終えて日本に帰る人、「もう多分こんな国には二度と来ないし」とか言わず、口座を残しておくオプションも考えた方がいいかもしれませんよ♪