英語初心者のワーホリメーカー達に容赦なく襲い掛かる語学学校とステマブログ☆ ~無駄なお金使うのはやめよう~

英語初心者のワーホリメーカー達に容赦なく襲い掛かる語学学校とステマブログ☆ ~無駄なお金使うのはやめよう~

最近、とある語学学校のマーケティング担当あたりが書いてるであろうステマブログを読んだんですけど、読みたくなるようなタイトルの割に、中身が全部同じでゲンナリしました☆

 

「英語が話せるようになった勉強法」→「たった3ヶ月のマンツーマンレッスンで私はネイティブと間違えられた」

「ワーホリで現地の友達ができない理由」→「たった3ヶ月のマンツーマンレッスンで私は現地の友達が沢山できた」

「英語の文化を先生から教わることで、私の英語は「日本人らしくないね」と言われた」→「だってネイティブの先生にマンツーマンレッスンを受けたから」

「ワーホリ1年で英語がペラペラになるのは簡単。ただし、勉強法を間違えないこと」 →「マンツーマン英会話」

「3ヶ月勉強しただけでネイティブと間違えられた理由」 → 「マンツーマン英会話」

「暗記はやめよう」 → 「マンツーマン英会話」

「やり方を変えたら一度覚えた英語はもう忘れない」 → 「マンツーマン英会話」

「帰国後TOEICほぼ満点」 → 「マンツーマンマンツーマンマンツーマン」

 

なんか、入り方は違うんですけど、出口というかオチはどれも同じと言うか…

 

マンツーマン英語しないと、あなたのワーホリは失敗するよ!って煽る煽る(笑)

 

読んだことないけど、きっとマーケティングとかの教科書にそう書いてるんでしょうね。 不安を煽って解決策(自分たちの商品)を提示するやり方が鉄板だって☆

 

この人のブログでは、マンツーマンレッスンをやらなかった人達は

・現地の友達もできず、

・ローカルジョブなんてもってのほかで、

・日本に帰るか

・1年間を無駄にして次の国にワーホリに行ってそこでも英語が習得できずに終わります。

 

 反対に、マンツーマンレッスンを3ヶ月受けた人は

・現地企業に就職して、

・ネイティブの友達を沢山作って、

・ネイティブと間違われて、

・TOEICは満点取って

・日本に帰国後の就職もばっちりです☆

 

展開が毎回ワンパターンで、中学生の時によく来ていた進研ゼミの漫画みたいでした☆ あの漫画も凄かったですよね。 

進研ゼミをやった人は勉強も部活も恋もうまくいって、志望校に合格! 進研ゼミをやらなかった人はその後全てにおいて転落人生っていう、登場人物と設定が微妙に変わるだけの毎回見事なワンパターンな水戸黄門的漫画。 でもそんなのでも、送られてくるたびに読んでると「進研ゼミやらなきゃ」って思えてくるから不思議ですよね(笑) 私だけかな?

進研ゼミをやるかやらないかで明暗がくっきり別れるの図☆

 

このマンツーマン英語学校のステマブログ、何記事か読んでみたんですけど、「相談に乗りますので、こちらのアドレスに連絡ください」とだけはどのページにも書いてあるのですが、料金だけはブログのどこにも一切書いてないんですよね。どんだけ高いんだよ!

 

書いてる本人が「マンツーマンレッスンのおかげで私の英語はこんなによくなりました!」ってブログ全体を使って絶賛してるんだから、どこかで「しかもこんな良心的な値段で!」くらい書いてくれてもいいと思うんですけど…きっと良心的な値段じゃないんでしょう。 よく見ると料金こそ書いていないものの、「自分への投資は惜しみなく」的なことが書いてあるので、やっぱり相当高いんでしょう☆

昔、Novaに体験入学しに行った時のことを思い出しました☆ 大学の夏休みで時間ができた私は、休み中は毎日Novaに通って中国語を勉強しよう、と思ったことがあるんです。

 

あの時、無料相談で営業の人からひたすら「Novaなら平均的にみんなこんなに短期間でこんなに伸びる!」とか「ナタリーさんは賢いから、もっと早く遥かな高みへ登れますよ!」などの聞き心地のよい宣伝トークを2時間にわたって聞かされた私は、おだてられ、遥かな高みに舞い上げられた後、最後の最後、「2ヶ月で24万円になります♪」の一言で現実の谷底に落とされました☆ 

 

営業の巧みな話術のせいでハイになっていた私は、「24万円かぁ…バイトしまくればいけるかも」と、その瞬間こそ考えたんですけど、頑張って自分にブレーキをかけ、「ちょっと考えさせてください」と断って帰りました。ちなみに同じ時に私の隣のブースで営業さんと話をしていたどこかのおじさんは、60万円の契約をしてました。その人達の話が聞こえてきたから私はちょっと冷静になれたんだと思います。ありがとう名も知らないおじさん…あなたの犠牲の上に今の私はいるんです☆ 60万円払って英語できるようになりましたか?

 

家で改めて考えてたら、「24万円あれば中国に2ヶ月短期留学できるじゃん!」って気づけたので、Novaは断りました☆ かといって中国にも行きませんでした。 その年の夏休みは結局近所の市民プールに通って、バイトして終わりました☆

 

話を戻しますけど、このマンツーマン英語のステマブログの人に連絡すると、おそらくNovaの営業レベルのトーク能力を持った人が出てきて、巧みな話術で乗せられて、気づいたら大金を払わされているんだろうな~って思います。 「たった3ヶ月でネイティブと間違えられた」「教科書も暗記も宿題も一切なし!でもTOEIC満点」とかのリアリティのない宣伝文句を信じちゃう人達が最初からターゲットなので、とにかく連絡させるとこまで持って行っちゃえば後はなんとかなるんでしょうね。

 

マンツーマン英会話のブログに一切料金説明がないので、いらないお世話だと思いますが、代わりに私が計算してみます☆

 

もしもニュージーランドで、ネイティブの人にマンツーマンで英語を教えてもらおうとすると、アマチュアでも1時間$40くらいします。プロ講師だと1時間$60以上いったりしますね。 このステマブログの人と同じように3ヶ月間ネイティブの教師に英語を教えてもらおうとすると、安めに見積もって1時間$50くらいだとしても、1日2時間×週5回×3ヶ月…しめて$6,000…日本円にすると60万円くらいになりますね! しかもこれ、安く見積もってですからね(笑) 実際は80万円くらいは覚悟しておいた方がいいでしょう。

そりゃ料金は書けませんね!

「そんな高いなら誰もやらないでしょ?」って思ったアナタ! この60万円をどう「安い」と思わせるかが営業の技術なんですよ! 素人の私が思いつく限りで、↓こんなようなことを最初のカウンセリング(という名の罠)で言ってくるんじゃないかな~☆

(1) 「普通の語学学校に通っても3ヶ月で50~60万円くらいはしますよ。なのに薄っぺらい、個別にコーディネートされていない授業だから、半年以上通っても英語は身につかないんですね。でもウチは違います。マンツーマンなので、1日2時間でも、その生徒にピッタリの授業をするので、普通の語学学校でだらだら6時間も授業を聞いているよりも遥かに高い効果があるんです。

 

(2) 「私達の授業は赤ちゃんが母国語を覚えるのと同じ順番で、本当に英語を深く理解させる授業なんです。あなたは母国語は勉強しなくなって忘れないですよね?それと同じことが起こります。私たちの授業で覚えた内容は、もう勉強しなくても忘れないんです。一生の投資と考えると、80万円は安くないですか?

 

(3) 「1年なんてあっという間ですよ。普通の語学学校に行った人達は日本人の友達しかできず、せっかくの1年間を無駄にして帰っていきました。ウチの授業を受けた人はみんなネイティブの友達が10人はできています。

 

(4)「よその語学学校に行った人の中には、そこで出会った変な人に違法ドラッグをもらい、薬物中毒になって帰国になった人もいます。ちなみにウチのマンツーマン英会話を受けた人は平均で寿命が7年延びたというデータもあるんです。体にもいいんですね。」 

 

すみません、途中から面倒くさくなったので適当になってます。他にもなんとでも言えそうだけど、私は営業じゃないので分かりません☆

 

英語の勉強してる人って、ダイエットと同じで、なるべく苦労せずに、でも短期で結果を出したい人が多いと思うんですよね。そしてダイエットと同じように「今までは失敗だったけど、何か画期的で短期間でミラクルな効果がある勉強法」があると期待してるんでしょう。

そういう人達の心理を利用する広告が英語教育業界できっと長いこと研究されていて、その結果が「暗記や宿題を一切せずに3ヶ月でネイティブと間違えられた」とか「聞き流してるだけで口から英語が出てくるようになった」なんでしょうね☆ 

食事制限も運動もしたくないけど、痩せたいっ!ってその気持ちは痛いほど分かります☆ 私も数々のダイエットで失敗してきた過去を持つ女ですから。

 

ワーホリ中は色々なことでお金が必要になるから、私は英語習得に必要以上にお金をかけるべきじゃないと思います。英語ネイティブの文化や感覚を理解したかったら、日本語を勉強して来日後、ずっと日本の大学で英語を教えてるアメリカ人が日本語で書いた「日本人の英語 (岩波新書)」という本を読む方がいいですよ。 1000円もしません。 

ネイティブ講師に払う1時間分の料金($50)の5分の1以下の金額で、英語と日本語の考え方の違いが分かりやすく、50倍くらい詳しく学べます。 外国人が書いたって思えないほど綺麗な日本語です。これだけ日本語を理解しているからこそ、日本人の間違えやすいポイントも分かってるんだろうなって思えます。この人の本をじっくり読んだ方が、きっとネイティブに近い英語が話せるようになりますよ☆

他にもおすすめなのが、「ドラゴン・イングリッシュ基本英文100」です。 別の投稿でこの本については沢山書いたので、そちらも読んでほしいです。ネイティブ講師から2時間のレッスンを10回受けると約10万円かかります。でも、私が間違いなく自信もって言えるのは、ネイティブ講師に10万円払って20時間の授業を受ける代わりに、1500円払ってこの本を買って、20時間かけて中に出てくる100個の例文を全て暗記した方が、圧倒的に英語力は伸びるだろうと言うことです。私が英語圏でなんとか仕事できているのは、この本のおかげです。

英語の習得にお金なんて(少ししか)いらないんです。

>>最低限の英文法の勉強だけでIELTS6.5を目指すなら「ドラゴンイングリッシュ」をやろう!

 

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

竹岡 広信
1,512円(08/20 14:03時点)
発売日: 2005/09/21
Amazonの情報を掲載しています

 

日本人の英語 (岩波新書)

日本人の英語 (岩波新書)

マーク・ピーターセン
799円(08/21 02:57時点)
発売日: 1988/04/20
Amazonの情報を掲載しています