オーストラリアは国じゃなかった☆

オーストラリアは国じゃなかった☆

アメリカのアイダホ州の大学生Ashley Arnoldさんが、大学で「アメリカと別の国でのソーシャルメディアの使われ方を比較する」という課題が出された時、彼女は比較対象にオーストラリアを選択してレポートを書きました☆

しかし彼女の教授は「オーストラリアは国じゃなくて大陸です。」と言って彼女に0点を与えてしまいます☆

こんな恥ずかしい事件がアメリカのサザン・ニュー・ハンプシャー大学で起こりました☆

 

 

オーストラリアは世界で唯一、大陸であり国でもある特殊な場所です☆

教授はドヤ顔で生徒に「前提に一つでも間違いがあれば、研究そのものが全て台無しになるのです。よく覚えておきなさい。」と説教をします☆

不合格をもらった生徒は色々な証拠をオンラインで集めて提出し、教授に採点し直すように言いました☆ その証拠の中にはオーストラリア政府のオフィシャルサイトもあったそうです☆ オーストラリア政府が「オーストラリアは国ですよー!」って言ってます☆ 

この教授、自分で言った「前提に一つでも間違いがあれば台無しに」がそのままブーメランとして自分に返って来て狼狽☆

オーストラリアは国だということを認めざるを得ない教授、(やめておけばいいのに)負け惜しみで「ちゃんとレポートを出すときは、大陸としてのオーストラリアではなく国としてのオーストラリアですと注意書きをするように」と生徒を叱ります(笑)課題が国と国の比較なんだから大陸なわけないのに(笑)

そして自分のミスは棚上げして決して謝らない教授☆

これにムカついた生徒はこの事件を大学に報告します☆

 

 

大学側は生徒に謝罪し、この授業の学費を無料にすると共に、「それでもオーストラリアは国じゃないもん!」と言い張るこの教授をクビにしました(笑)

そしてツイッターで「ごめんね~オーストラリア。オーストラリアは大陸かつ国って分かってるからね~。オリンピック頑張ってね!」と謝罪のツイートをしました☆

こちらに来ていつも思うんですけど、早めに間違いを認めちゃえば傷も深くならないのに、日本人以外の人ってあんまり自分のミスを認めたがらないですよね(笑) キーウィもなかなかですけど、特にアメリカ人って意地でも謝りませんね☆(←偏見?)

謝ったら負けなんでしょうか… 謝らずにクビになったら負けだと思います☆

 

sputniknews.com/viral/201802111061548746-US-professor-fails-student-for-claiming-australia-not-a-country-hilarity-ensues/