【1年?】海外で生活していると、どのくらいで日本語を忘れるのか【3年?】

【1年?】海外で生活していると、どのくらいで日本語を忘れるのか【3年?】

私の日本人の友達はニュージーランド生活がかなり長い人もいて、そういう子達は日本語がたまに不自然です☆

日本人同士、日本語で話しているのに英単語が混ざることがあります。

私は昔は、「日本語で話しているのに、なんで英語が混ざるんだろうこの人」とか思っていましたが、最近なんとなく理由が分かってきました。 英単語の中にはすごく使い勝手がいいものがいくつか存在するんです。

日本語でも言えないことはないけど、英単語だとすっきり一言で言い表せる物事がこの世には存在するんです。今これを書いているこの瞬間、例が出てこないのがもどかしい(笑) 

 

一部のそういう便利な英単語を知った人の日本語には、だんだん英語が浸食してくるのでしょう。

あと、それとは別に海外生活が5年以上になる人の中にはマジで日本語を忘れる人もいますね。

 

私も海外生活をもう1年以上もしてるし、日本語を忘れたりするんだろうか…と思っていたのですが、よく考えたら私は日本語でブログを結構な頻度で書いているので、その心配はなさそうです☆

 

 

…のはずだったんですけど、今日、とある日本語の単語が出てこなくって非常に困ることがありました。

 

やばい、これ、いわゆる「これって日本語でなんていうんだっけ?」状態じゃん!

 

 

とうとう私にもその瞬間が来たんです!

 

 

 

↓これ、なんて言うんだっけ?

写真はウィキペディアより☆

 

喉まで出かかってるんだよ?

 

 

ウィキペディアより☆

 

うーーーーん…

 

 

3時間後に思い出しました☆

 

これは「馬頭琴(ばとうきん)」です! 馬の頭が先についたモンゴルの楽器☆

 

「スーホの白い馬」で出てきましたね!

 

やっぱり使わないと日本語も忘れるんですね。 みんなも気を付けようね!